われは海の子





明治から戦時中にかけて多数発表された、文部省唱歌のひとつである
「われは海の子」。
この曲は後世に語り継ぐべし曲と認められたのか2007年、平成19年に
日本の歌百選に選出されました。



この曲が初めて日の目を見たのが1910年、明治43年に発行された当時の
音楽の教科書である「文部省尋常小学読本唱歌」の上でのことです。
曲名については「われは海の子」と「我は海の子」のふたつの表記があるようです。
長年作詞者、作曲者ともに不詳とされてきましたが
それぞれの親族の証言などから、宮原晃一郎説、芳賀矢一説の二つがあるようです。
また、これとは別に原案が宮原で、後に芳賀による改作説もあるとのことです。



この「われは海の子」は発表されたのは軍国主義で戦争のさなかにあった
旧大日本帝国が怖いもの知らずのイケイケムードにあった時代のことです。
現在では小学校など公の場では3番までしか教えられていないということですが、
もともと7番まであった歌詞は戦争を連想させるということで
戦後GHQの検閲で削除された背景があります。
後の2007年、平成19年はほかの文部省唱歌などとともに「日本の歌百選」に
選出されました。


われは海の子 歌詞 一番から三番まで


一番
我は海の子白浪(しらなみ)の
さわぐいそべの松原に
煙(けむり)たなびくとまやこそ
我がなつかしき住家(すみか)なれ

二番
生れてしおに浴(ゆあみ)して
浪(なみ)を子守の歌と聞き
千里(せんり)寄せくる海の気(き)を
吸(す)いてわらべとなりにけり

三番
高く鼻つくいその香(か)に
不断(ふだん)の花のかおりあり
なぎさの松に吹く風を
いみじき楽(がく)と我は聞く


みんなのどうよう われは海の子〜みんなでうたううた〜


日本の民謡、童謡についてのトップページへ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日本の歌 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

スポンサーサイト

ブログ内検索